G-Star RAW X Snoop Dogg – Say It Witcha Booty

Hardcore Denim X Snoop Dogg

Introducing our tongue in cheek global Hardcore Denim campaign 'Say it Witcha Booty' featuring icon Snoop Dogg. A creative celebration of denim booties. Men, women, islands, hot air balloons and yes...even Doggs.
00%
Drag it like it's hot

Snoop's looks

G-Star Snoop Dogg's Looks Collection
G-Star Say It Witcha Booty Snoop Dogg Collection
9月10日

新スタイルのジーンズ:1970年代に回帰して

トレンド、それはどこからともなく突如現れるようでありながら、確実に真実を反映するもの。その良い例として、現在1970年代・1980年代のスタイルが流行しているのは、過去数年間に世界が直面してきた大きな変化を考えると、もっともの事だと思われるでしょう。そしてこれは間違いなく、主流のファッションや最新のデニムトレンドにも表れており、70年代という時代に対し明示的なオマージュを捧げるものとなっています。

1970年代は、ウエストバンドがぴったりとフィットし、膝から裾にかけて広がるジーンズが流行しました。当時のポップスターを思い浮べてみれば、皆、ゆったりとしたフレアデニムを穿いていたはず。そして2021年になった今、ルーズなシルエットのジーンズが再びトレンドを制しています。そこで特に注目すべきモデルは『Grip 36 Loose』。ルーズフィットという最先端のトレンドを敏感にキャッチする男性に向けてデザインされたこの新作は、仕上げにクリースラインが施され、この上なくヴィンテージなムードを放ちます。これぞまさに、「G-Funk」。

G-Star Say It Witcha Booty Snoop Dogg Collection
9月7日

SNOOP DOGG X G-STAR RAW

今回G-Starが世界各地で新しく展開するのは、ヒップホップシーンのアイコンであるSnoop Doggとのコラボレーションを経て実現した、遊び心あふれるHardcore Denim キャンペーン『Say it Witcha Booty』。これは、創作という活動を通し、ヒップラインを美しく見せるアイテムとして老若男女問わず愛されるデニムにオマージュを捧げるものです。

ほかに類を見ない独自のスタイルで秀逸な作品を生み出すSnoopはまさに、真の意味でのオリジナリティを見せてくれる存在。自身のスタイルを改新し続けながら、異世界を斬新な形で融合させることで、常に創作の世界の最先端に立つアーティストです。

『Say it Witcha Booty』は、Snoopならではのユーモアとスタイル、そして彼が「ヒップ」をテーマにして歌う曲のインスピレーションの源を、G-Star RAWが掲げるHardcore Denimの哲学と掛け合わせたものとなっています。

G-Star and Snoop Dogg - Nuthin' but a ‘G’ thang!

G-Star Say It Witcha Booty Snoop Dogg Collection
9月6日

新スタイルのジーンズ:1970年代に回帰して

トレンド、それはどこからともなく突如現れるようでありながら、確実に真実を反映するもの。その良い例として、現在1970年代・1980年代のスタイルが流行しているのは、過去数年間に世界が直面してきた大きな変化を考えると、もっともの事だと思われるでしょう。そしてこれは間違いなく、主流のファッションや最新のデニムトレンドにも表れており、70年代という時代に対し明示的なオマージュを捧げるものとなっています。

1970年代は、ウエストバンドがぴったりとフィットし、膝から裾にかけて広がるジーンズが流行しました。当時のポップスターを思い浮べてみれば、皆、ゆったりとしたフレアデニムを穿いていたはず。そして2021年になった今、ルーズなシルエットのジーンズが再びトレンドを制しています。そこで特に注目すべきモデルは『Grip 36 Loose』。ルーズフィットという最先端のトレンドを敏感にキャッチする男性に向けてデザインされたこの新作は、仕上げにクリースラインが施され、この上なくヴィンテージなムードを放ちます。これぞまさに、「G-Funk」。

G-Star Say It Witcha Booty Snoop Dogg Collection
9月4日

Snoopがヒップホップ界にもたらした影響

ヒップホップの中にも様々なサブジャンルが存在しますが、1990年代の初期には、アメリカの西海岸でGファンクというスタイルが誕生しました。古き良きファンクミュージックの要素を複数取り入れていることから、このように名付けられたサブジャンルです。サンプリングした音楽を、元の音源よりもゆっくりと流すこの独特のスタイルは、Dr. DreとSnoop Doggが先頭に立って確立しました。

Gファンクのブームは間もなくして終焉を迎えましたが、これを機に、Snoop Doggは注目アーティストとしての地位を確立。カルビン・コルドザール・ブロードス(Snoopの本名)は、大ヒットを収めたデビューアルバム『Doggystyle』(1993年)のリリース後も波に乗り続け、音楽チャートの上位を維持しました。ヒップホップが音楽シーンの中心へと躍り出た1990年代半ば、ランキングの上位を制していたカリフォルニアのアーティストたち。これはウエストコースト・スタイルとして知られ、当時の若きSnoopも、このジャンルを代表する存在として旋風を巻き起こしていました。その後も長年にわたって注目を浴び続け、アルバムの売上枚数は計3,700万枚に及びます。

早くも30年が経った今、Snoopは多彩な個性を活かしながら世界中のコンテンポラリー・ポップ・シーンで活躍するアーティストとして愛されています。その独特のスタイルはあらゆるサブジャンルにおいて重宝され、映画に出演したり、音楽のプロデュースを手がけたり、あるいはマーサ・スチュワートの料理番組に登場したりと、多岐にわたり活動の幅を広げています。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が彫られたことは、彼が世界に及ぼす影響がいかに大きなものであるかを証明するものでしょう。「ザ・ドッグファーザー」の栄光は、永遠に。

Snoopの最新プレイリストをチェック。

G-Star Say It Witcha Booty Snoop Dogg Collection
9月2日

HIP HOPカルチャーにおけるバケットハットの歴史

バケットハットの発祥は1900年代初期にさかのぼり、当時は完全に機能性を重視したものとして、漁師たちが雨から身を守るために着用していました。下を向いた幅広のつばは、雨水が下に落ちるようにデザインされたものです。気軽に使える実用的なアイテムであることから、後に軍隊、労働者、さらにはエリート層の人々も愛用し始め、1950年代から1960年代にかけては、ファッションの流行に敏感な富裕層の女性たちが、洋裁師にオーダーメイドの帽子を注文するようになりました。

しかし、バケットハットが一番のブームを巻き起こしたのは、それから数十年経った1980年代と1990年代に、ヒップホップシーンで流行り始めてからのこと。元々は実用性重視の帽子として誕生したものが、機能性を備えたファッションアイテムとして脚光を浴び、幅広いシーンに活躍するアクセサリーとして人気を博しました。数多くのアーティスト、そして当然ながらファンの間で大いに流行したバケットハットは、まさにヒップホップを象徴するアイコンへと昇華。このようにして、バケットハットとヒップホップの間に、密接な繋がりが生み出されたのです。

G-Star Say It Witcha Booty Snoop Dogg Collection
9月3日

HIP HOPカルチャーにおけるバンダナの歴史

バンダナはただの布切れに見られがちですが、その背景にある文化的な歴史は実に豊かなものです。古くから日本の労働着に使われていたという歴史的背景から、反逆心を象徴するファッションアイテムという認識まで、さまざまなストーリーが秘められています。ショールの羽織り方ひとつを取っても、それを身に着ける人の個性や信念が表れているはず。例えば20世紀初期には、バンダナは労働者の権利を守る戦いを象徴するものとしても使用されていました。

また、バンダナはヒップホップカルチャーにおける最もアイコニックなアクセサリーのひとつとしても知られます。首や頭に巻くほか、肩にかけたり、ジーンズのバックポケットに無造作に差し込んだりと、使い方は様々。1990年代、Snoop Doggをはじめとし、カリフォルニアのヒップホップスターの間でショールを取り入れたファッションが台頭しました。頭に巻くだけでなく、腕や脚の下の方にさり気なく結ぶなど多様な形でコーディネートに用いられ、ヒップホップ界におけるアイコニックなファッションアイテムとしての地位を確立。時代を超えて愛される汎用性に優れたアイテムであるとともに、ちょっぴり反逆心を感じせ、程良いエッジをきかせるアクセサリーとして愛されています。

G-Star Say It Witcha Booty Snoop Dogg Collection
9月1日

HIP HOPカルチャーにおけるデニムの進化

デニムは、進化を遂げるヒップホップカルチャーの中で、常に重要な位置を占めてきました。ヒップホップが少しずつ音楽界へと浸透し始めた1980年代初期の時点で、すでにデニムとの間には特別な関係が生まれていたのです。また、この時代は、ジーンズの人気が高まっていた時期でもあり、間もなくして、その独特のシルエットがストリートシーンを制するようになりました。

音楽のサブカルチャーが大きな飛躍を遂げた1990年代、ヒップホップ界のファッションを特徴付けるものは、オーバーサイズのワークウェア、そしてとにかくデニムでした。ルーズなジーンズやダンガリー、ダボっとしたパーカー、ミリタリーウェアの要素を取り入れた服のほか、全身のコーディネートをデニムで仕上げる「カナディアン・タキシード」と呼ばれるスタイルも大いに流行。このオールデニムはポップカルチャーの一部でも見られましたが、特にアメリカ西海岸のヒップホップアーティストたちが、このトレンドを率いていました。ヒップホップのアーティストたちは最早、単にストリートカルチャーを代表する存在ではなく、独自のスタイルでトレンドを生み出すスタイルアイコンとしても注目を浴びるようになったのです。

やがて新たな一世紀の幕開けとともに、ファッションにも変化が起きました。スキニージーンズが流行の全盛期を迎え、ヒップホップシーンにも例外なく浸透。また、再び人気を博したローデニムが今では主流に。この数年間で特に注目を浴びるようになったスタイルは、フレアシルエットからウルトラスキニーフィットへと多岐に渡ります。一方で、バギーなジーンズは引き続きアーティストやヒップホップファンを魅了しており、ワイドレッグジーンズならではの「反逆的」なテイストを持ち味としながら、現在も確固とした地位を保ち続けています。デニムとヒップホップに共通して言えること、それは、決してトレンドに負けることのない魅力の持ち主だということでしょう。

G-Star Say It Witcha Booty Snoop Dogg Collection
画面トップに戻る