07 February 2023

Collaborations

Denim After Dark

オランダのファッションデザイナー、David Laport(デビッド・ラポート)とのコラボレーション

G-Starが持つデニムのDNAとDavid Laport(デビッド・ラポート)の表現力豊かなデザインが融合した「Denim After Dark」は、カジュアルを超えたクチュールのカプセルコレクションです。

ラポートのシグネチャーであるプリーツと彫刻的なデザインを一体化したボウ トップとオートクチュールドレスが、究極のイブニングウェアとしてコレクションに登場。オランダ出身のファッションデザイナーと顔を合わせた私たちは、彼の夜型の生活習慣や、先進的な考え、「Denim After Dark」のデザインのプロセスについて語り合いました。「私たちは、グラマラスで、フェミニンで、全く違うものを作りたかったのです。もちろん、デニムを使って。」

あなたは存在感のあるクチュールで有名ですが、スローファッションに対する信念や現代的な働き方でも知られています。あなたのスローなデザインのプロセスについて教えてもらえますか?

「以前は規則性のある中で仕事をし、1年に2回コレクションを制作していました。ある時、思ったんです。『���んなリズムで仕事をするか、自分で決めよう。やりたいという気持ちがあれば、実現できるはずだ』と。それで、プロセスを変えました。今は1年に1回クチュールコレクションを行い、そこからプレタポルテを1つ選んで発表しています。」
なぜプロセスを変えたのですか?

「私たち皆が、地球のために何かを変えなければならないのは明らかです。また、自分が大規模なプレタポルテのコレクションを作る必要はないと思います。私の会社にも合っていないですし。」

サステナビリティの観点からですか?

「100%サステナブルなものは存在しません。存在すると言う人もいますが、不可能です。ただし、もっと責任を持って仕事をすることはできます。廃棄物ゼロのドレスとかですね。素材自体はそれほどサステナブルではないかもしれませんが、ドレスを作る中で廃棄物は出ません。完璧な素材もありますが、ズボンを作る時はいつも廃棄物が出ます。私にとって一番大事なのは、改善する方法を調べ、見つけ出すことです。どんな時でも。」

どのようにして、ファッションに対してもっと責任のあるアプローチを示しますか?

「多くの素材を自分自身で開発することが、大切だと思っています。自分でテキスタイルを開発すれば、一から作り上げることができ、服がもっとパーソナルなものになります。良い糸を使うことや、ある種の働き方をすることもそうでしょう。今年は、サステナブルな生地の調査プロジェクトにも参加する予定です。もっと環境にやさしい素材を見つけて、今使われている素材と置き換える方法を模索することにワクワクしています。もちろん、改善の余地はたくさんあります。」
「Denim After Dark」というコンセプトについて、少し考えを聞かせてもらえますか?

「1回限りの作品を作る時は、一貫したストーリーが必要です。これはとても重要です。『Denim After Dark』はこの街の雰囲気を表していて、G-Starらしい少しロウな(生の)感じもあります。ロッテルダムで撮影したんですが、ロケーションは完璧でした。最高にクールな女の子を主役に、現代的なステートメントを作り上げることが大事だったと思います。才能豊かなファッションフォトグラファーのWalter Pierre(ウォルター・ピエール)に撮影してもらったおかげで、私たちのストーリーがより素晴らしいものになりました。」

今回のカプセルコレクションの制作はどこから始まったのですか?

「G-Starが求めていたのは、ちょっぴりグラマラスで、これまでと全く違うものでした。デニムでイブニングガウンを作るのは簡単ではないですから、多くのことを考える必要がありました。でも、そこが出発点だったのです。私たちは、グラマラスで、フェミニンで、全く違うものを作りたかったのです。もちろん、デニムを使って。」

そして生まれたのがクチュールドレスとボウ トップでした。どちらも、豊かなプリーツの入ったデザインですね。

「ええ、そうです。私は本当にプリーツが大好きなんです。でも、プリーツが入ったデニムはあまり見かけないどころか、ほとんど目にしませんよね。だから、それを実現することが私にとっては一番大事でした。華やかで、ステートメントがあって、着心地の良いアイテムを作りたいと思いました。どちらもパーティーやお出かけにぴったりです。ボウ トップはG-Starのズボンやスニーカーとも合わせられます。頭の中には、最初からボウ トップのはっきりしたイメージがありました。それからドレスのデザインを始めて・・・すごく斬新なものにする必要があると思ったんです。彫刻的に仕上がったところが、とても気に入っています。これは私のすべてのデザインに共通していますね。」
「Denim After Dark」は、人生の夜の時間にフォーカスしています。あなたはどうですか?朝型、それとも夜型ですか?

「私は夜型です。絶対に朝型ではありません!いつも寝るのがとても遅くて、午後11時はまだエネルギーがあって『よし、やるぞ!』という感じです。金曜の夜であれば出かけますね。劇場とか、映画とかにです。パートナーは時々うんざりして、『ちょっと落ち着いて、映画でも見て過ごそうよ』とか言っています。」

では、日が沈むと活気づくタイプなんですね?

「(笑)確かにそうですね。」

Solange Knowles(ソランジュ・ノウルズ)やRihanna(リアーナ)などのアーティストが、あなたがデザインしたクチュールを着ましたね。他に衣装をデザインしたいと思うアーティストは?

「ええ、メットガラでSolange Knowles(ソランジュ・ノウルズ)が着る服をデザインしたのは、素晴らしい体験でした。オスカーやエミー賞で着られるような衣装も作ってみたいですね。でも、もちろんBeyoncé(ビヨンセ)は最高です。彼女にも私のデザインした服を着てほしいですね。新しいアルバムは大好きで、いつも聴いているんですよ!」

DISCOVER MORE ARTICLES

画面トップに戻る