GSRD FOUNDATION

現地コミュニティのエンパワーメント

GSRD財団は、ジースターの企業財団(非営利法人)として2007年に設立されました。製造活動を行うことによって、現地のコミュニティや人々にプラスの影響をもたらすという目的のもと、継続的な教育プログラムの実施や地域での事業開発支援を、当社の企業責任チームとの密に連携して行っています。

“知識、企業家精神、社会的地位の向上が、経済的自立と発展に必要なのです。”

活動内容

GSRD 財団は、知識、企業家精神、社会的地位の向上が、国や地域の経済的な自立と発展への鍵であると考えています。

このことから、私たちの支援が最も効果的に働く国を選び、重点的に活動を行っています。現在はバングラデシュ、中国、インド、ベトナムで、プロジェクトを支援しています。

GSRD 財団では次の点に目的に据えたプロジェクトを支援しています。

教育 :

若者たちに知識やスキルを身に付ける職業訓練や教育を提供することで、専門的な職業に就くチャンスと、より良い未来を切り開く可能性を広げること。

企業家精神:

ライフスキルトレーニングやコーチングを通して、若者たちが一人の自立した個人としてイニシアチブを発揮し、積極的に行動できるチームの一員、あるいはマネジメントとして、自給自立性を高める機会を見極める力を養うこと。

76
支援プロジェクト数
28
パートナー数
24
長期パートナーシップ数
125.000
支援による受益者数

適切な教育や起業支援の提供には、開発協力の分野で長い経験と専門知識を持つ現地パートナー(非政府組織)のサポートに大いに助けられています。私たちはこういったパートナー団体と一丸となって、プロジェクトの効果を最大化するべく、継続的に取り組んでいます。

2007年の創設以来、GSRD財団は幅広い分野でパートナーやプロジェクトの支援を行ってきました。有能な現地パートナーに恵まれ、ポートフォリオを構築することができています。今後の目標は、私たちが橋渡し役となり組織やネットワーク間の協力関係を促進することで、私たちが進めるプロジェクトやパートナーシップをさらに強化していくことです。

GSRD財団の活動内容についての詳細は こちら

GSRD 財団は、オランダ財団協会(Association of Foundations in the Netherlands)のメンバーであり、行動規範は同協会の規定に基づいています(www.verenigingvanfondsen.nl)。また GSRD財団は公益機関と認可されています。

more responsibility

RAW Responsibility

Responsible
Supply Chain

Sustainable
Product

Sustainable
Operations